退職日が1月31日なので本格的な無職になると同時に2月に突入した。最近はHuluでNARUTOを見ることに気持ちが向いてしまって、一日中ナルトを鑑賞するという無職にしかできないことをしてる。3日間くらいで110話ほど見た。人間としてはおわってるけど、ナルト自体は本当に素晴らしい作品だ〜とひしひし感じる。

 

そもそもナルトとの出会いはあいまいな記憶だけど小学生が中学生のときお兄ちゃんが読んでたからふわっと知った程度で、なぜか高校のとき家の隅にあるナルトの漫画に手を伸ばしたら思いのほかおもしろくて、部活でいそがしいなか1週間くらいで60巻ちょっとくらい読んだ。そのとき公開した劇場版も見た。でも流行はそこまで続かなかった。

 

ナルトっていま見ると一人一人のキャラクター設定の緻密さとか、一人一人をしっかりフォーカスしたストーリーとか、いまより若かった頃の自分では気づかなかったことが多くて、このあとどうストーリーが展開されていくかわかっているのにドキドキさせられる。

 

あと私はジャニーズオタクでシンメ文化にすごい尊さを感じていて、ナルトにはそれに通ずるものがある。ナルトとサスケのライバル関係は言うまでもなく最高で、であと私はシカマルとチョウジのずっと一緒にいる安心感コンビがすき。やさしいチョウジ、、、。みんなチョウジのこと弱いとか言ってる中でシカマルだけはチョウジは強いよとかチョウジはチョウジのままでいいみんな違うんだからとか、2人の信頼関係よ。サスケが大蛇丸のところに行くところの音のお相撲さんみたいな敵と戦う回涙なしでは見れない。あとロック・リーとガイ先生の師弟関係がもうハンカチなしでは見れない、ビジュアルは最高にコメディだけど。

 

ナルトを毎日見すぎて無職がはかどりすぎてしまい生活に支障がでてるので、1日にナルトは3話までと決めました。

 

無職になってそろそろ1ヶ月になる。大嫌いな労働からの解放とともに新しい年が明けた。2年弱社会人して私はひどく労働に従事することが向いていないしすきではないことがわかった。わかってしまった。ま、バイトも最初の2つは短期間でやめてるから新卒で入って2年弱も続いたのはすごいことじゃんね。えらいし辞めれておめでとう私。

 

 

 

昨日で24歳になった。年々死がどんどんちかづいてるな、なんて思っちゃう。1秒たつごとに自分より年下の人たちが増えてるって思うとむなしくなる。ずっと下っ端で甘ちゃんでいたい。

 

この1年もただアイドルに生かされてた。それだけ。仕事はすきになれないし、それ以外の生活はストイックにダイエットに励みすぎて大リバウンドを繰り返すし、この歳になっても自分のことがわからなくてまったくコントロールできない。自分が自分じゃないみたいなことたくさんある。

 

最近は休みの日に外に出れなくなった。でもおうちにいるのも苦痛で。とんちんかんな日々。あまのじゃくすぎるんだよね、食べたくないのに食べちゃうとか、おいしく食べたあとおかしいくらい不機嫌になるし、お金使いたいけど使えないとか、使いたくないのに使っちゃうとか。自己コントロールが出来ない、、。

 

 

24歳の目標は自分をきちんと管理すること。苦しくならない仕事を見つけることかなぁ。